ヘッダー画像

小顔

小顔|【公式】M.CLINIC|梅田の美容皮膚科

こんなお悩みありませんか?

小顔のイメージ画像

  • ダイエットしても顔だけ痩せない
  • 顔が大きいのがイヤ
  • 太っていないのに、顔だけ肉付きがいい
  • 左右のあごのラインがアンバランス
  • 二重あごが気になる
  • エラの張りが気になる

小顔について

鏡や写真に写った自分を見て「顔が大きい」と思ったことはありませんか?
引き締まった顔はそれだけで美人度がアップし、スタイルもよく見えます。
とはいえ、一言で顔が大きいと言ってもその原因はさまざまあります。
まずは、顔を大きく見せている原因を見極めて最善の施術を受けるのが小顔への近道です。

症状と原因

脂肪による膨らみ

顔は、体のほかの部位と比べて筋肉が少なく、血行が良くありません。
筋肉が少ないところでは脂肪が燃焼されにくく、血行が悪いと代謝がスムーズに行われません。

加齢によるたるみ

加齢に伴う、皮膚の弾力低下、筋膜の緩み、表情筋の衰えにより、支えきれなくなった皮膚や皮下脂肪が、重力に負けて下垂することで、顔のたるみが起こります。
頬やフェイスラインのたるみを改善することで、小顔効果にもつながります。

エラの張り

エラが張る原因は、もともとの骨格が影響していることもありますが、主に咬筋(こうきん)が関係していることが多いと言われています。
咬筋とは耳の内側に指をあて、奥歯を動かした時にエラの真上にポッコリと出てくる筋肉のことです。
噛むときに使う筋肉で、噛み合わせや歯ぎしり、食いしばりの習慣などにより発達し硬くなりやすい性質があります。

治療内容

HIFUウルトラセルQ+

HIFUウルトラセルQ+はHIFU(高密度焦点式超音波)という超音波を高密度に集束させて、表面の皮膚を火傷させずに皮下組織やSMAS筋膜に熱損傷を与えます。
肌が本来持つ再生能力を存分に引き出し、皮下組織や線維芽細胞を活性化。
コラーゲンを増加させ、肌のハリ・潤い、たるみの引き上げといった効果が期待できます。
従来はフェイスリフト(手術)や糸リフト治療でしか実現できなかったSMAS筋膜の引き上げが可能なことから「切らないフェイスリフト」とも呼ばれています。

ボトックス(エラの張り)

筋肉は収縮しなければ発達せず萎縮していきます(廃用性萎縮)。
咬筋の動きを抑制することによりボリュームを減らすことができます。

BNLS(脂肪溶解注射)

顔の脂肪や二重あごなど「小顔になりたい」「顔痩せしたい」といった患者様にお勧めの治療です。BNLSは植物由来の成分が主なので体への負担が非常に少なく腫れや熱感などのダウンタイムがほとんどないのが特徴です。

ヒアルロン酸

脂肪などの下垂などによりたるんだフェイスラインにヒアルロン酸を注入することにより引き上げ、輪郭を形成することで小顔に見えます。

TOPへ戻る