ほうれい線|【公式】M.CLINIC|梅田の美容皮膚科

〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2丁目7番18号 ルーシッドスクエア梅田 7階
06-6131-9902
ヘッダー画像

ほうれい線

ほうれい線|【公式】M.CLINIC|梅田の美容皮膚科

こんなお悩みありませんか?

ほうれい線のイメージ画像

  • ほうれい線が目立つようになってきた
  • ほうれい線のせいで実年齢より上に見られる
  • メイクでは隠せないほうれい線がある
  • ほうれい線が気になって人前で笑えない

ほうれい線について

ほうれい線は皮膚の下にある骨の萎縮、表情筋や筋膜の衰えにより、皮膚や脂肪の重みを支えきれなくなることで脂肪の下垂や皮膚のたるみが生じて深くなります。また、口やあごの周りの筋肉の衰えや老化により、溝となってしまう場合もあります。
筋肉の衰えはヒアルロン酸やコラーゲンの注入により取り戻すことができます。また血行やリンパの流れをマッサージにより活性化させることも有効です。

症状と原因

ほうれい線の症状別

症状1:たるみ型

加齢による皮膚のたるみが原因で、ほうれい線が目立つタイプです。
年齢を重ねるとほとんどの方がたるみ型か、後述の混合型のほうれい線に該当します。
ダイエットによって顔の脂肪が急激に減った方も、このタイプのほうれい線ができることが多いです。

症状2:筋肉型

ほうれい線の周りの筋肉が強いために、ほうれい線が目立つタイプです。
筋肉の動きで皮膚が引っ張られ、皮膚にしわが刻まれてしまいます。

症状3:骨くぼみ型

顔の骨格が原因でほうれい線が目立つタイプです。
小鼻の周りにある骨の出っ張りが少ないことで、ほうれい線が目立ちます。
アジア人に多いタイプで、加齢により骨が委縮するとさらに目立ってきます。

症状4:混合型

上記で紹介した複数の原因が重なって、ほうれい線が目立つタイプです。
35歳以上の方に多く見られます。

ほうれい線が目立ってくる原因

ほうれい線は誰にでもあるものですが、年齢や肌の状態、生活習慣などの蓄積によって目立ってきてしまいます。
ほうれい線を目立たせてしまう主な3つの原因をご紹介します。

1.加齢による骨の萎縮

顔面の骨(骨密度)は40代頃より低下します。
骨は脂肪や筋肉などの組織の基礎となる部分です。その土台となる骨が萎縮することにより上に乗っている脂肪や筋肉が支えきれなくなり肌がたるんでしまいます。

2.皮膚のたるみ

顔の皮膚のハリが衰えるのが、ほうれい線の原因のひとつです。
ハリがなくなった頬は下へ下がってしまい、ほうれい線が目立ってきてしまいます。
加齢が原因となる皮膚のたるみは誰にでも起こりえます。

また、ダイエットで頬の脂肪が急に少なくなった場合も、皮膚がたるんで同じようにほうれい線が目立ってしまうでしょう。

3.表情筋のたるみ

肌のハリは、顔の筋肉「表情筋」によっても保たれています。
表情筋が衰えると顔の皮膚や脂肪が下がり、ほうれい線が目立ってきてしまいます。

ほうれい線にとくに影響する表情筋は下記の2つです。

  • 口輪筋(こうりんきん)…口の周りを囲むようにある筋肉
  • 頬筋(きょうきん)…口角からこめかみにつながる筋肉

表情筋が衰える原因は、加齢のほかにも表情の変化や笑う機会が少ないなど、無表情でいる時間が長いことも影響します。

4.日常のクセ

生活の中での良くないクセによって、ほうれい線が目立ってしまうケースもあります。
たとえば、こんなクセがある方は要注意です。

  • ほおづえをつく
  • 食事の時に片方の歯でばかりかむ
  • 寝るときに同じ方向ばかりむいて寝る
  • 口角を横にひいて笑うクセがある

治療内容

HIFUウルトラセルQ+

HIFUウルトラセルQ+はHIFU(高密度焦点式超音波)という超音波を高密度に集束させて、表面の皮膚を火傷させずに皮下組織やSMAS筋膜に熱損傷を与えます。
肌が本来持つ再生能力を存分に引き出し、皮下組織や線維芽細胞を活性化。
コラーゲンを増加させ、肌のハリ・潤い、たるみの引き上げといった効果が期待できます。
従来はフェイスリフト(手術)や糸リフト治療でしか実現できなかったSMAS筋膜の引き上げが可能なことから「切らないフェイスリフト」とも呼ばれています。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸はもともと人の体内にあるもので、保水性に優れ、肌の張りや弾力を保っています。
このヒアルロン酸をしわや窪みの部分に直接注入し、持ち上げることで、しわや窪みを持ち上げて平らにし、目立たなくすることができます。用途や注入部位によって、いろいろな硬さの物から適した物を選びます。
やわらかいタイプのヒアルロン酸は目の近くなどの皮膚が薄い部分に適していて、硬いタイプのものは、ほうれい線など皮膚のしっかりした部分に適しています。鼻を高くしたり、あごをとがらせる場合はより硬めの物を使用します。
皮膚の活性化成分を含有したリデンシティーなどもあり、吸収されながら皮膚の質感も改善し、治療を繰り返すことで、単に形をきれいに整えるだけではなく、徐々に肌自体の改善を進めることができるようになりました。

TOPへ戻る